有料老人ホームの種類や特徴を知って、自分に合った施設を選ぶ!

有料老人ホームの種類や特徴を知って、自分に合った施設を選ぶ!

有料老人ホームとは何か?』

有料老人ホームと言うのは、国や地方公共団体が運営をしている老人ホームの事を言います。施設の種類も大きく3タイプに分ける事が出来ます。今回はその施設について、一つずつご紹介していきたいと思います。
3タイプの有料老人ホーム】
「介護付有料老人ホーム」:医療体制が整っており、食事・入浴・排泄等、介護サービス全般を受け
             る事が出来る施設です。            
「住居型有料老人ホーム」:自立して生活をおくる事の出来る高齢者が対象の施設です。また、自分   
             に介護サー ビスが必要になった際には、”在宅介護保険サービス”を利用
             する事が出来ます。
「健康型有料老人ホーム」:自立して生活をおくる事の出来る高齢者が対象の施設です。
 

『有料老人ホームの特徴』

【介護付有料老人ホーム】
介護付有料老人ホームは、先程も述べた通り介護サービスが充実しており、要介護度が高い高齢者の方でも、十分に自分の必要な支援サービスを受ける事が出来る施設です。全国にある全ての介護付有料老人ホームは、国から「この施設は国が定める支援サービスの基準を満たしている」という証として「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています。国からこの指定を受けた老人ホームのみ「介護付き」と公に示す事が許可されています。
[職員体制について]
特定施設入居者生活介護の指定を受けているサービス付き高齢者向け住宅「介護付有料老人ホーム」では、介護保険法に基づいて人員体制に関して、要介護者・要支援2の高齢者3人に対して1人の介護職員を配置する「3:1」と言う、最低基準が設けられています。施設によっては「2.5:1」「2:1」等、最低基準の「3:1」の比率ではない所もあったり、人員体制が充実している所もある様です。
しかし、この最低基準と言うのは終日この比率体制で職員を利用者に配置しなくてはならないと言う事ではありません。一般的には、食事や入浴の時間等の多くの人手を要する時には、職員の配置を多く設けて、利用者の方が就寝している深夜帯等は職員の配置を少なくして対応している様です。この様に職員の勤務体制に関して詳しく知りたい場合は、施設の面談に訪れた際に、施設長に直接質問して確かめてみると良いでしょう。
【住宅型有料老人ホーム】
[住宅型有料老人ホームの基本的な設備について]
~住宅設備~
・住宅がバリアフリー化されている
・緊急通報装置が設置されている
~生活設備~
・生活する部屋(広さは13㎡以上ある様です。)
 ⇨相部屋、個室、夫婦室等がある
・トイレ
・キッチン
・食堂
・リビング
等が設備として設けられています。
他にも、利用者の健康状態に合わせた「設備」や「サービス」があります・・・
・車椅子や寝たきりの高齢者の方でも入浴が可能な機械浴が可能な浴室設備がある施設
・介護、医療系の設備として、リハビリをする部屋、健康管理、相談室が整っている施設
・住宅型有料老人ホームに入居後、要介護になった場合には、デイサービスや訪問介護を利用する事が可能。※住宅型有料老人ホーム自体は、介護保険制度は適用不可です。しかし、外部サービスを利用した場合は、自宅と同様”介護保険1割負担”で介護サービスを受ける事が可能の様です。
【入居にかかる費用】
住宅型有料老人ホームの入居する際、必要な費用には「入居一時金」と「月額利用料金」この2つが必要になります。
入居一時金
入居一時金とは、いわゆる家賃の前払い金になります。入居する施設によって金額も0円~数千万円と差が大きいです。また、入居する際に、まとめて支払う事で月額利用料金が安くなるケースもある様です。
月額利用料金
月額利用金とは、家賃、管理費、生活費等、毎月かかってくる生活費全般の事です。大体ひと月にかかる料金は10万円~25万円が目安となります。また、入居者の方で介護保険サービスを利用する場合は、利用料は基本的に、毎月自分が利用した分の金額だけかかってきます。しかし、介護保険サービスを頻繁に利用した場合、介護保険の上限額をすぐ超えてしまって、超えた分に関しては自己負担になるので、気を付けて下さいね。
『健康型有料老人ホーム』
健康型有料老人ホームは、入居する高齢者の方に介護の必要性が無く、自立して自分で日々の生活を営む事の出来る方の施設になります。食事等のサービス提供がある為、家事をする事が面倒だったり、高齢の一人暮らしに不安や心配がある、その様な高齢者に向けたサービス住宅と言えるでしょう。
【住宅設備について】
・大体バリアフリー仕様になっている
・娯楽を楽しんだり、活動的な生活を楽しめる設備がある
 ⇨カラオケ、麻雀、トレーニングなど
【住宅施設で行われている事】
・レクリエーション
・イベント
特に介護や医療に特化した施設ではありませんが、老後をアクティブに楽しく過ごしていきたい高齢者の方にとって、日々実りある生活が送れそうですね。
【入居条件があります】
・60歳以上の自立した高齢者が対象
・介護や生活の中で医療ケアを要する様になった際は、住宅施設から退去する事が原則
この様な決まりが設けられていますので、理解しておきましょう。
【入居にかかる費用】
住宅型有料老人ホームの入居する際、必要な費用には「入居一時金」と「月額利用料金」この2つが必要になります。
入居一時金
入居する施設によって金額も0円~数千万円と差が大きいです。介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームよりも、金額を高く設けている事が多いです。介護や医療ケアが必要になった時は、住宅
施設から退去しなければいけない為、償却金(入居の際に支払った敷金や保証金の内、返却されない
お金 )や償却期間(入居期間に応じて返還される期間 )に関しては、入居する前に施設の方に十分に確認しておきましょう。
月額利用料金
月額利用金とは、家賃、管理費、生活費等、毎月かかってくる生活費全般の事です。大体ひと月にかかる料金は10万円~40万円が目安となります。
※管理費には:事務管理、生活支援サービス等の人件費、施設維持管理費等が含まれます。

茨城・千葉の有料老人ホーム|ご長寿くらぶ

介護・デイサービスの求人・転職【茨城・千葉】
 

新着ページ